BOSTON スカルプエッセンスの口コミ・評判と詳細とデメリット

スカルプエッセンス『BOSTON スカルプエッセンス』は、累計150000本売れたBOSTONのGrowth Projectシリーズから誕生した地肌をいたわり自身をはぐくむ成分(キャピキシル・ピディオキシジル・フラーレン・覚醒因子)を厳選し配合した悩みに正面から向き合うための薬用育毛剤です。

評価投稿数: 2
5

口コミを投稿する


Submit your review
*必須項目です

BOSTON スカルプエッセンスの口コミ・評判と詳細とデメリット SKU UPC Model

グロース・プロジェクトシリーズはどれも買っていっています。前回のサプリでも髪の毛の調子が良いので

横山さん 

香川県  |  
50代男性  |  
造園業  |  
2015/5/26
5

グロース・プロジェクトシリーズは
どれも買っていっています。

前回のサプリでも髪の毛の調子が良いので
こちらのスカルプエッセンスも購入しました。

まだ1ヶ月ですが、風呂上りに髪を乾かした後
つけてマッサージするととても気持ちよく
毛根がしっかりとしてきている気がします。

購入のきっかけ:以前からシリーズで使っていた

これは、めちゃ効くね。あれだよね、育毛剤の援護射撃みたいな感じかな(笑)しかし返金保障期間が6ヶ

多摩ホームさん 

東京都  |  
40代男性  |  
自営業  |  
2015/5/17
5

これは、めちゃ効くね。

あれだよね、育毛剤の援護射撃みたいな感じかな(笑)
しかし返金保障期間が6ヶ月って長すぎるだろw

とにかくキャピキシルの威力がすげえよ!
バシバシ生えてくるから(笑)

購入のきかっけ:キャピキシルを試したかった
5.0 5.0 2 2 グロース・プロジェクトシリーズはどれも買っていっています。前回のサプリでも髪の毛の調子が良いのでこちらのスカルプエ BOSTON スカルプエッセンスの口コミ・評判と詳細とデメリット

スカルプエッセンス

 →育毛剤のBOSTON スカルプエッセンス

 

BOSTON スカルプエッセンス の評価

製品名 BOSTON スカルプエッセンス
制作会社 株式会社エスロッソ
商品の特徴
  • 話題のキャピキシル、フラーレン、ピディオキシジル配合
  • 150,000本売れ、10人中9人の高いリピート購入率
  • 代引手数料無料、180日間全額返金保証つき!
  • 植物由来保湿成分も1本にブレンド
価格 12800円~
スカルプエッセンス

[toc]

BOSTON スカルプエッセンス の詳細

BOSTON スカルプエッセンスは、株式会社エスロッソが販売している育毛剤です。

進化を続ける男性用薬用育毛剤業界の中で、また新しい成分を盛り込んだヘアエッセンスが登場しました。

現在、育毛に効くと期待されているキャピキシル毛髪環境のリズムに刺激を与えるとこれまた話題のピディオキシジルという2大有効成分を初めて配合させたという『BOSTON スカルプエッセンス』。

どういった育毛剤・スカルプエッセンスなのか?

ご一緒に見ていくことにしましょう~

髪の毛の育毛は地肌環境が大切

自信の持てる自分になるためには、まず地肌環境を整えることが大切になってきますね。

地肌環境には、食生活や睡眠時間そしてストレスの感じる環境など生活習慣が大きくかかわってきています。

それらをケアしていくために『BOSTON スカルプエッセンス』ができることは、マッサージやエッセンスで

「地肌をいたわるケア」を実践すること

なんですね。

それでは、『BOSTON スカルプエッセンス』の5ステップのケアを見ていきましょう。

1.植物とペプチド由来で印象をたくましく育むチカラを身につける

スカルプエッセンスアカツメクサ(別名レッドクローバー)には、有効成分として豊富なイソフラボン類が多く含まれています。

そのなかの一種である『ビオカニンA』は、毛包の拡張実験にも成功し、髪の薄さに悩む男性に効く成分として期待されています。

また、この他にも4つのアミノ酸で構成された『アセチルテトラペプチド-3』を組み合わせてダメージへと働きかけるのが、今話題となっている成分キャピキシルなのです。

2.ピディオキシジルを配合

ピディオキシジルは、少々呼びにくいですが(笑)、育毛にとってかかせない二大成分であったフィナステリド(プロペシア)とミノキシジルのうち、どちらにも副作用があるのですが、ミノキシジルにかなり近い構造をもった成分です。

しかも、副作用もなく毛髪環境のリズムに刺激を与える効果があります。

3.ノーベル賞レベルのフラーレン

フラーレンは、ビタミンCの172倍といわれる抗酸化力で、発見者の3人はノーベル賞を受賞しています。

地肌の酸化を引き起こす「活性酸素」を防ぐ役割をしてくれます。

4.覚醒因子

覚醒因子ってなんかヤバい名前ですね(笑)

これはグロースファクターのことで、人や動物の体内のタンパク質として再生医療の現場でも多く使われている 新しい細胞を作り出す因子です。

本来は体内で作り出されるものなのですが、加齢やストレスで産生がにぶり、それが薄毛・抜け毛の原因になっているのですが、この覚醒因子を頭皮から吸収することで、毛母細胞を活性化させて、毛根をしっかりと根付かせ、太い髪の毛へと導いていくのです。

5.植物由来保湿成分

『BOSTON スカルプエッセンス』では、この他にも髪の毛に効果がある植物由来の保湿成分を配合しています。

見ていきましょう。

スカルプエッセンス

●モウソウチク(たけのこ)エキス

モウソウチクエキスは、たけのこ皮エキスとも言われています。その名の通り「孟宗竹(モウソウチク)」という種類ですが、特別なものではなく中国から伝えられたごく一般の日本で食用にされるタケノコです(笑)。

アミノ酸が豊富に含まれているため、保湿効果にすぐれ、消臭・抗菌・抗酸化に効果があるとされています。

●アマモエキス

アマモはそのまま海草のことで、ミネラルを多く含んでいます。不思議なことに海の中で花を咲かせる海草のエキスなので、アミノ酸やビタミンも豊富に含まれているのが特徴です。

●渇藻エキス

渇藻エキスとは聞き慣れないかもしれませんが、別の言い方『フコイダン』『M-034』といえば、

「あーっ それのことか!」と納得される人も多いでしょう。

こちらも髪の毛を作り出すのに必要なアミノ酸が豊富に含まれています。

 →育毛剤のBOSTON スカルプエッセンス

BOSTON スカルプエッセンス の評価とデメリットまとめ

ということで、ここまで

『BOSTON スカルプエッセンス』の特徴の全容にせまってみました。

スカルプエッセンス

総合的にみると、キャピキシルとピディオキシジルとフラーレン、覚醒因子などを複合させた『グロースエナジー』で髪の毛をよみがえらせるという仕組みになっていることがお分かりいただけると思います。

今までたくさんの育毛剤・ヘアエッセンスが出ていますので『BOSTON スカルプエッセンス』をそれと比べてみることは可能です。

そうすると、『BOSTON スカルプエッセンス』のデメリット(悪い点)も浮き彫りになってくると思いました。

BOSTON スカルプエッセンスのデメリットと他の育毛剤との徹底比較

それでは、購入を検討されているかたの目安になるように、BOSTON スカルプエッセンスと

 まずはベストセラー育毛剤の3製品を同時に比較して見ましょう。

商品名

BOSTON スカルプエッセンス イクオス  チャップアップ

価格

14800円(60ml) 6800円(120g) 7400円(120g)

育毛有効成分

 キャピキシル,ピディオキシジル,フラーレン,覚醒因子

M-034(ミツイシ昆布由来エキス),センブリエキス,グリチルリチン酸2K,酸ジフェドラミンHC

M-034(ミツイシ昆布由来エキス),グリチルリチン酸ジカリウム,塩酸ジフェンヒドラミン,センブリエキス

成分

水、エタノール、BG、ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド、アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス、デキストラン、モウソウチクたけのこ皮エキス、アマモエキス、褐藻エキス、カミツレ花エキス、ヒドロキシプロピルメチルセルロースステアロキシエーテル、グリチルリチン酸2K、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、ビオチノイルトリペプチド-1、PEG-40水添ヒマシ油、PEG-60水添ヒマシ油、PPG-26ブテス-26、メントール、フラーレン、アピゲニオン、オレアノール酸、カンフル、PVP、グリセリン、レシチン、ダイズ油、ラベンダー油、クエン酸、クエン酸Na、リン酸Na オウゴンエキス,ビワ葉エキス,牡丹エキス,シナノキエキス,ヒキオコシエキス,ヒオウギ抽出液,ニンジンエキス,クロレラエキス,PCA-Na,ペタイン,グリシン,アアニン,プロリン,セリン,リシン,トレオニン,アルギニン,グルタミン酸,ローマカミツレエキス,アルニカエキス,オドリコソウエキス,オランダカラシエキス,ゴボウエキスエキス,セイヨウキズタエキス,ニンニクエキス,ローズマリーエキス,マツエキス,サクラ葉抽出液   クロレラエキス,オウゴンエキス,ビワ葉エキス,ボタンエキス,シナノキエキス,ヒキオコシエキス,ヒオウギ抽出液,PCA-Na,ベタイン,グリシン,アラニン,プロリン,セリン ト,レオニン,アルギニン,リシン,グルタミン酸,オドリコソウエキス, ローマカミツレエキス,アルニカエキス, サクラ葉抽出液,オランダカラシエキス,ゴボウエキス,セイヨウキズタエキス,ニンニクエキス,マツエキス,ローズマリーエキス,ニンジンエキス

添加物

 記載無し

無添加・無香料・無着色

無添加・無香料

サプリメントの成分

 付属なし  付属なし

ノコギリヤシエキス、亜鉛酵母、フィーバーフュー乾燥エキス、唐辛子、イチョウ葉エキス、L-シトルリン、キダチアロエ、ローズマリー、シャンピニオンエキス末、マカ末、チオクト酸、ケイヒ、オート麦地上部エキス、セルロース、ステアリン酸カルシウム、チャ抽出物、ヒアルロン酸、L-ヒスチジン、L-プロリン、L-フェニルアラニン、微粒酸化ケイ素、ビタミンC、ナイアシン、ビタミンE、パントテン酸Ca、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンA、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12

 専用サイト スカルプエッセンス イクオス チャップアップ(CHAPUP)

いかがでしょうか?

現在、もっとも売れているチャップ・アップとイクオスとを『BOSTON スカルプエッセンス』に対決させてみました。

容量勝負!

容量にかんしては、イクオスとチャップアップは12oなのに対して60mlなので『BOSTON スカルプエッセンス』は、かなり少量となり、そんなにべちゃべちゃ頭皮にかけるものではないヘアエッセンスだということが分かりますね。

価格勝負!

価格で勝っているのが、

イクオス>チャップアップ>BOSTON スカルプエッセンス

の順です。やはりヘアエッセンスという側面から栄養価が高いものが含まれている分高額になってしまうのでしょう…

有効成分勝負!

次いで有効成分の勝負ですが、現在、育毛剤業界のトップセラーであるチャップアップとイクオスの主力成分はM-034(ミツイシ昆布由来エキス)です。

これらは爆発的に売れていますので、ある程度の効果が実証されているということです。

しかし、去年あたりから、新勢力であるキャピキシジルが登場し、キャピキシル配合『スカルプ5.0C』などが売れ始めています。

キャピキシルはミノキシジルと同等の育毛成分がリアップなどより296%も多いというのが売りなのですが、本当なのでしょうかね(笑)

というのは、現時点でもスカルプ5.oCの評判があまり耳に入ってこないのです。

もう少し、1年越しで見守ることにしましょう(笑)

ということで、そのキャピキシルを含んでいるという冠で強く出た第2弾商品というのが今回紹介している『BOSTON スカルプエッセンス』というワケなんですよね。

これらキャピキシルの需要の流れは今後の育毛剤業界をも大きく左右しかねないので、もう少し慎重に見守りたいと思います。

以上、

スカルプエッセンス

今回はBOSTON スカルプエッセンスについて特集してみました。

個人的には、『BOSTON スカルプエッセンス』はヘアエッセンスというくくりですので、育毛剤と同じ土俵に立たせるものではないとは思いますが、私はあえて比べてみています。

なぜなら、やはりこづかいなどで限られたものを買わないといけないお父さんたちの立場を考えると、なかなか育毛剤とヘアエッセンスの両方を購入するということができないんじゃないか?

と思うからです。

ですので、『BOSTON スカルプエッセンス』に関しては、すばらしい成分は入っていますが、流れとしては育毛剤などで髪が順調に回復して生え始めている人の第二段階の商品としてオススメしたいと思います。

一緒に毛活がんばりましょうね!

スカルプエッセンス

育毛剤のBOSTON スカルプエッセンス